【最新記事】
(2017/07/28) デザイン評価点数 一覧
(2015/07/27) 【デザイン総括】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/07/27) 【インテリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/06/16) 【エクステリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/04/24) 【デザイン総括】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/04/24) 【インテリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/03/22) 【エクステリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【デザイン総括】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【インテリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/13) 【エクステリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/10) 【デザイン総括】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/11/10) 【インテリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/10/13) 【エクステリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/09/15) 【デザイン総括】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/15) 【インテリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/13) 【エクステリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/08/04) 【デザイン総括】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/04) 【インテリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/03) 【エクステリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/07/23) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/23) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/21) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/23) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/14) 【デザイン総括】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/14) 【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/08) 【エクステリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/04/02) 【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)
(2014/04/02) 【インテリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)



【インテリア編】 トヨタ クラウン (2012年モデル)

CROWN_interior.jpg

納豆屋
 「エクステリアが保守的なフォルムを
  継承したのに対して、インテリアは
  ものすごく変わりましたよね。」

渡辺
 「うん。しかもね、これ質感も先代より
  確実に上がってますよ。」

納豆屋
 「フロントグリルとか、CMに登場する
  『ピンククラウン』の注目度のほうが高くて、
  多くの人はあまり注目してないかもしれませんけど、
  むしろ変わったのはエクステリアじゃなく
  インテリアですよね。」

渡辺
 「僕もそう思います。
  CMって、どうしてもエクステリア中心で
  構成されるのは仕方のないところですけど、
  むしろ今回の新型クラウンがアピールしないと
  いけないのは、このインテリアですよ。」

納豆屋
 「エクステリアでがっかりしましたけど、
  このインテリアを見ると、
  あぁ、やっぱりクラウンは高級車なんだなぁ
  って、あらためて思いますよね。」

渡辺
 「新しい試みとしては、
  このタッチパネルの操作系ですけど、
  僕はちょっと使いにくいなぁと
  思うんだけど。。。」

納豆屋
 「いや、結構サクサク反応するし、
  そんなに悪くないと思いましたが。」

渡辺
 「慣れの問題ですかね。」

納豆屋
 「いろんな設定・操作が集約されてるので、
  希望の設定画面を表示させるまでが
  メンドクサイというのは、場合によっては
  あるかもしれませんね。
  でもそれも慣れればどうってことないと
  思いますけどね。」

渡辺
 「パネルは、ロイヤル系が茶木目、
  アスリート系が黒木目ですが、
  どっちも木目『調』とは思えないくらい
  リアルな質感がありますよ。」

CROWN_panel.jpg

納豆屋
 「トヨタはこういうところで
  質感を出すのが上手いですよね。」

渡辺
 「そうねぇ。
  高級車を購入する人たちには『本木目』に
  こだわる人もいるけど、これだけ質感出てれば
  本木目か木目調かなんて、どっちでもいいと
  思いません?」

納豆屋
 「僕もそう思うんですけど、
  結果より事実、つまり、
  どう見えるかよりも、本物なのか作り物なのかを
  大事にする人がいるのも理解できます。
  そういうところにお金を使うのが
  『贅沢』なのであって、クラウンが高級車という
  ポジションにいる以上、そこには『贅沢』を
  求める人が集まるのは当然と言えば当然ですから。」

渡辺
 「それもそうですね。」

納豆屋
 「そしてシートなんですが、
  ついついこのクラスになると
  本革シートのほうに注目しがちなんですけど、
  アスリート系に採用されてる
  ファブリックの『テラロッサ』ってゆう新色、
  これキレイでオシャレですよね。」

CROWN_interior2.jpg

渡辺
 「それは僕もすごくいいと思うんだけど、
  このシートの、太ももの間にくる部分の縦線、
  これ、なんか余計な事しちゃってる
  感じしません?」

納豆屋
 「あぁ、お○ん○んの延長上にくる部分の
  これですか。なんか縫い付けてありますね。」

CROWN_interior3.jpg

渡辺
 「クッション性の調整のためなのか、
  それとも単なるデザイン上の
  アクセントなのか。」

納豆屋
 「もしデザイン上のアクセントなら、
  せっかく色がオシャレなだけに
  残念なところですね。
  あっ、俺様!」

俺様
 「お前ら、またつまんねーところに
  ケチつけてんのか。
  でも、新型のインテリア、いいだろ。」

渡辺
 「えぇ。
  使いやすさに賛否両論はあるかもしれませんが、
  スイッチ類をなくしてタッチパネルの操作系に
  集約してるところなんてスゴく先進的だと
  思いますし、何より全体の質感がいいです。」

俺様
 「俺は柔らかい内装が好きでな、
  ダッシュボードが柔らかいだけでも
  高評価を与えたくなるくらいなんだが、
  このクラウンの内装はどこもかしこも
  ソフトタッチな仕上げで、ホントにいい。」

納豆屋
 「それと、新しい試みがなされているのに、
  変にトゲトゲしてなくて、
  なんか落ち着きますよね。」

渡辺
 「この落ち着く感じこそね、
  クラウンが守り続けてきた
  伝統のような気がします。」

俺様
 「シートのホールド感が適度なんやろな。
  実はロイヤルとアスリートで、
  シートのサイドサポートを変えてあるし。」

納豆屋
 「あっ、言われてみるとそうですね!
  確かに、ロイヤルのゆったり感もいいんだけど、
  これをそのままアスリートに持ってきたら
  スポーツ走行ではホールド不足気味かも。」

渡辺
 「違うのは色だけじゃないんですね。
  ちょっと見ただけじゃあわかりにくい
  こういうところにコストをかけてるのは、
  乗りやすさと快適性を大事にしてきた
  クラウンとしてのこだわりを感じますね。」

俺様
 「そやねん!
  だからインテリアを見てると、
  それ以外の面の残念さが余計に際立つんや。」

納豆屋
 「エクステリアと標準装備、ですか?」

俺様
 「それだけとちゃう。
  ショボくなったエンジンもや。
  アスリートに3.5リッターが残されたのが
  せめてもの救いやけど。」

渡辺
 「じゃあ逆に、
  今回のインテリアで悪いところってあります?」

俺様
 「特に無いな。」

納豆屋
 「えっ?!これまた珍しい!」

俺様
 「俺は基本的に辛口やけど、
  何でもかんでもケチつけとるわけやないで。
  ええモンはええと素直に認める。
  それが俺様や。」

納豆屋
 「じゃあ今回の新型クラウン、
  インテリアの点数は何点ですか?」

渡辺
 「80点。
  質感や華やかさに文句はないんですが、
  僕にはやっぱりあのタッチパネルは
  ちょっとわかりづらいです。
  ご年配のオーナーも多いクラウンに、
  これはちょっとどうかな、と思いました。」

納豆屋
 「僕は95点。
  すごく落ち着くんだけど
  先進性も感じられるという点で、
  すごく自然な調和がとれてると思います。」

渡辺
 「じゃあなぜ100点じゃないんですか?」

納豆屋
 「タッチパネルの操作で、目的の設定画面を
  出すまでに何度かタッチしないと
  その設定に辿り着けないという、
  少々面倒なシーンがあったから。
  まぁこれはインテリアというより装備の話だし、
  今後は改善も進んでいくと思いますけどね。」

俺様
 「90点。
  基本的に文句なしなんやけど、
  ただ、アスリートのファブリックシートに
  設定されてる新色の『テスタロッサ』、
  あの色の設定が本革シートにも欲しかったな。」

納豆屋
 「いや、テスタロッサじゃなくて、
  『テラロッサ』です。
  さりげなくボケをブッ込むのやめて下さいよ。
  若い人、わからないんじゃないですか?(^^; 」

俺様
 「俺のブログ読んでる奴なんて
  おっさんばっかりだから大丈夫だよ。」

渡辺
 「じゃあインテリアに関しては、
  3人とも高評価ということで、
  気持ちよくまとまりましたね。(^_^)」

俺様
 「俺のボケにはノータッチかよ。
  相変わらずクールだな、渡辺。」


関連記事

全記事タイトル一覧
  → 全記事のタイトルを一覧表示する





2012.12.29 | コメント(1) | トラックバック(0) | トヨタ

コメント

俺様、お久しぶりです。
この前200系クラウンアスリートをディーラーで点検整備していたのですが待ち時間が1時間あったので新型クラウンアスリートを試乗しました。
しかもあのこっぱずかしいピンククラウンでしたので信号待ちで隣の車に笑笑されたりとあまりこの車の良さは分からなかったですね(笑)
今の200系クラウンを大事に乗っていこうかなとおもいます。

2015-05-25 月 16:39:18 | URL | ささまん #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

管理人プロフィール

辛口系男子(=俺様)

Author:辛口系男子(=俺様)
●現在の愛車
【2015.9~】
 BMW 420i グランクーペ M Sport (2015年式)

最近のコメント



登場人物紹介


俺様
このブログの管理人。
情け容赦ない辛口批評が持ち味。
自分のことを俺様と呼ぶ。



納豆屋 氏
対談の進行役。
物腰は柔らかいが、時々俺様も引くぐらい辛口な事を平然と言い放つ。



渡辺 氏
昔は超辛口だったという噂があるが、今ではすっかり丸くなった甘口評論家。


【注意!】
当ブログに登場する人物は全く架空の人物であり、実在する人物とは一切関係ありません。