【最新記事】
(2017/04/30) デザイン評価点数 一覧
(2015/07/27) 【デザイン総括】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/07/27) 【インテリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/06/16) 【エクステリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/04/24) 【デザイン総括】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/04/24) 【インテリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/03/22) 【エクステリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【デザイン総括】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【インテリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/13) 【エクステリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/10) 【デザイン総括】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/11/10) 【インテリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/10/13) 【エクステリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/09/15) 【デザイン総括】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/15) 【インテリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/13) 【エクステリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/08/04) 【デザイン総括】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/04) 【インテリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/03) 【エクステリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/07/23) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/23) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/21) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/23) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/14) 【デザイン総括】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/14) 【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/08) 【エクステリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/04/02) 【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)
(2014/04/02) 【インテリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)



【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)

納豆屋
 「さて、全体的に評価の高かった
  今回のスカイラインでしたが、
  総括としてはどういうまとめになりますかね。」

渡辺
 「エクステリアもインテリアも、
  先代の流れを断ち切ったデザイン
  と言ってもいいぐらいの
  変わりようでしたよね。」

俺様
 「写真より現物はええ感じに見えるしな。
  俺が試乗に行ったとき、ちょうどディーラーの出口から
  新型スカイラインの試乗車が出てきてご対面したんやけど、
  フロントフェイスのソリッドな感じがカッコ良くて、
  思わずハッとしたぐらいやし。」

納豆屋
 「ただ、『プレミアム』の表現に対する
  ある種の迷いみたいなのが、
  インフィニティエンブレムという形で
  出てしまったのも確かです。」

渡辺
 「そうねぇ。
  実際、結構直前まで迷ったそうですよ。
  日産エンブレムでいくか、インフィニティでいくか。」

俺様
 「そこ迷うところちゃうやろ。
  もうちょっと実のあるところで迷ってくれよ。(^o^)」

納豆屋
 「まぁでも、不幸中の幸いというか、
  このインフィニティエンブレムが
  意外とこのデザインに似合っていると感じるだけに、
  全否定しがたいところではあるんですよねぇ。(^o^;」

渡辺
 「インテリアも素晴らしかったですし、
  点数をつければ高得点のつけられる
  今回の新型だと思うんですけど、
  僕はあえて警鐘を鳴らしたい気持ちもあります。」

納豆屋
 「おや、渡辺さんにしては珍しいですね。
  どういった警鐘ですか?」

渡辺
 「というのはね、
  今回随分と『高級』になりましたでしょ。
  さすがにここまで来るとね、
  フーガとの棲み分けはどうなっていくのかなぁ、と。
  そのへんが一段とあいまいになった気がするんです。」

俺様
 「それは言えてるな。フーガと言えば、
  ショーファー的なポジションもカバーしつつ、
  Type S というスポーツグレードもランナップされた
  ドライバーズカーでもあるからな。」

渡辺
 「えぇ。
  でもこれまでは、インテリアの高級感で言えば
  スカイラインとフーガの間には明確な差があったので、
  棲み分けはされていたと思うんです。」

納豆屋
 「なるほど。
  しかし今回、ここまでスカイラインの内装が
  高級感を持つようになってしまった今、
  フーガの存在意義が薄れてしまった
  ということですね。」

渡辺
 「その通りですよ。
  しかも今回のスカイラインは、
  ハイブリッド最速を謳っている通り、
  動力性能でフーガのType Sはもちろんのこと、
  フーガ ハイブリッドをもしのぎます。
  そうなると、フーガの立場が無いなぁ、と。(^^;」

俺様
 「まぁ後席スペースの問題があるから、
  フーガの存在意義が完全に消えるわけじゃないけど、
  少なくともType Sは苦境に立たされることになるな。」

渡辺
 「両者の特徴が、オーバーラップする部分が
  増えてしまったと思うので、
  スカイラインとフーガ、それぞれが今後
  どういう方向に向かえば棲み分けができるのか、
  わからなくなってきたんです。(-_-)」

納豆屋
 「そうですね。
  スカイラインには、もうちょっと手の届きやすい
  FRスポーツセダンであって欲しかったですよね。
  ちょっと高級になりすぎたんですよ、やっぱり。」

俺様
 「でも、じきにガソリン版の新型スカイラインが
  発売されるから、そっちがお手頃価格で
  出てきてくれたら、それは歓迎できるけどな。(^o^)」

渡辺
 「あぁ、そう言えば、2リッターターボの
  ガソリン版がもうじき出るんでしたよね。
  どうでしょう、ベースグレードだったら
  300万ぐらいで出ますかね?」

納豆屋
 「それぐらいで出てくれれば、
  あくまでもそれが基本のスカイラインで、
  スカイライン ハイブリッドは
  あくまでも特別なスカイラインという、
  別格扱いとして考えられますけどね。(^_^)」

俺様
 「まぁそうやな。
  フツーに考えてハイブリッドとはいえ、
  スカイラインで500万はちょっとな。
  やっぱせめて300~350万そこらでないと。(^_^)」

渡辺
 「でも、ガソリン版がそうなったとしてもね、
  スカイライン ハイブリッドの存在がある以上、
  次期フーガのモデルチェンジは、
  グレード構成も含めて装備や内装での
  明確な差別化が必要になってくると思いますよ。」

納豆屋
 「そうなると、次期フーガの値段が今よりも
  底上げされそうな気がして、
  なんだか恐いですね。(^_^;」

俺様
 「そうなったらそうなったで、
  今後は外車勢との競合が一段と激しくなるから、
  作るほうも大変やろうけど、
  買うほうも迷うことになるやろな。(^o^;」

納豆屋
 「じゃあこのへんでまとめますと、
  新型スカイラインのデザインは
  内外装ともに素晴らしい。
  けど、『プレミアム』の表現が、
  インフィニティエンブレムも含めて
  スカイラインとしては行き過ぎた感もあり、
  ハイブリッドとはいえ約500万円
  という価格は高すぎる。
  後発のガソリン版に期待。
  といったところですかね。」

俺様
 「そやな。
  純粋に点数つけると高得点なんやけど、
  今回ほど心がモヤッとする高得点も
  珍しいよな。(^o^;」


関連記事

全記事タイトル一覧
  → 全記事のタイトルを一覧表示する





2014.04.02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日産

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-04 日 11:58:06 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

管理人プロフィール

辛口系男子(=俺様)

Author:辛口系男子(=俺様)
●現在の愛車
【2015.9~】
 BMW 420i グランクーペ M Sport (2015年式)

最近のコメント



登場人物紹介


俺様
このブログの管理人。
情け容赦ない辛口批評が持ち味。
自分のことを俺様と呼ぶ。



納豆屋 氏
対談の進行役。
物腰は柔らかいが、時々俺様も引くぐらい辛口な事を平然と言い放つ。



渡辺 氏
昔は超辛口だったという噂があるが、今ではすっかり丸くなった甘口評論家。


【注意!】
当ブログに登場する人物は全く架空の人物であり、実在する人物とは一切関係ありません。