【最新記事】
(2017/03/31) デザイン評価点数 一覧
(2015/07/27) 【デザイン総括】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/07/27) 【インテリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/06/16) 【エクステリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/04/24) 【デザイン総括】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/04/24) 【インテリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/03/22) 【エクステリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【デザイン総括】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【インテリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/13) 【エクステリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/10) 【デザイン総括】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/11/10) 【インテリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/10/13) 【エクステリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/09/15) 【デザイン総括】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/15) 【インテリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/13) 【エクステリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/08/04) 【デザイン総括】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/04) 【インテリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/03) 【エクステリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/07/23) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/23) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/21) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/23) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/14) 【デザイン総括】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/14) 【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/08) 【エクステリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/04/02) 【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)
(2014/04/02) 【インテリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)



【インテリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)

WRX_S4_int1.jpg


納豆屋
 「『WRXコンセプト』の残像の影響もあって
  厳しい意見も出たエクステリアでしたが、
  インテリアはどうでしょうか。」

渡辺
 「これ、レヴォーグと同じ、ですかね?」

納豆屋
 「まぁ近年のスバル車のインテリアレイアウトに
  合わせた形なので、どれも似てはいるんですが、
  レヴォーグと全く同じというわけではないです。
  ほぼ同じ、ですが。(^o^;」

渡辺
 「あっ、よく見ると確かに、
  レヴォーグでは青色だったステッチの色が
  WRXでは赤色になってたり、
  インパネの加飾が違ってたり、
  微妙に違いはあるみたいですね。」


WRX_S4_int2.jpg

WRX_S4_int3.jpg

WRX_S4_int4.jpg

WRX_S4_int5.jpg


納豆屋
 「はい。
  ですけど、かなり共通部分が多いので、
  そういう意味でもやっぱりWRX S4は
  『レヴォーグ セダン』、って感じですね。」

渡辺
 「じゃあ今回は
  『レヴォーグのインテリアとほぼ同じ』、
  ということで、もういいですかね?」

納豆屋
 「いえ、基本的な注目ポイントとしては
  共通してるんですが、今回のWRXで
  さりげなく替えられてる部分があって、
  そこが僕的には気になってます。」

渡辺
 「それでこそ納豆屋さんですね。(^o^)
  で、それはどこですか?
  あっ、俺様!」

俺様
 「やっと渡辺が気付いてくれたか。(^o^)」

渡辺
 「はい。
  今回はやってやろうと思ってました。(^o^)」

俺様
 「どや?
  レヴォーグとの違いは。」

渡辺
 「納豆屋さんが気になるところがあるらしく、
  今それを聞いてたところです。」

納豆屋
 「えぇ。
  インパネのエアコン操作部なんですが、
  ここはレヴォーグと同じじゃなくて、
  インプレッサと同じなんです。。。」


・インプレッサ G4
WRX_S4_int6.jpg


・WRX S4
WRX_S4_int7.jpg


俺様
 「おっ、よく気付いたな納豆屋。」

渡辺
 「レヴォーグはパネルがピアノブラックで、
  WRX S4はカーボン調という違いだけかと
  思いましたが、スイッチも違うんですね。」

納豆屋
 「レヴォーグを見たとき、
  インプレッサと比べて良くなった部分の1つ
  だと感じていただけに、ここがまたWRX S4で
  インプレッサと同じになってしまったのは
  正直残念です。」

俺様
 「パネルをカーボン調にしたから、
  スイッチ類の上面だけがピアノブラックだと
  浮いてしまうということで、
  スイッチを替えたのかもな。」

渡辺
 「あるいは、『WRX』って、
  以前は『インプレッサWRX』だったでしょ。
  だからインプレッサと共通する部分を
  わざと盛り込んだ、ってことはないですかね?」

納豆屋 & 俺様
 「無いでしょ。」

渡辺
 「ですよね。(^o^;」

納豆屋
 「ってゆーかそれ以前にですね、
  カーボン調の加飾パネルの見栄えが
  個人的にはイマイチに感じます。
  そのせいか、レヴォーグとほぼ同じ内装なのに
  WRXのほうが少し質感的に劣って見えます。」

俺様
 「それは俺も同感。
  まぁでも、WRXやし、
  内装の質感で勝負するクルマとちゃうから、
  これぐらいでも構わんけどな。」

渡辺
 「確かに、『WRX』としては
  これでも充分すぎる質感だと思います。」

納豆屋
 「まぁそうですね。
  それに、後席も充分広いですね。」

俺様
 「まぁそのへんは『レヴォーグ セダン』やから、
  当り前っちゅうか、インテリアデザインも含めて
  ほぼ一緒やしな。」

納豆屋
 「じゃあ基本的な感想や突っ込みポイントは、
  レヴォーグと同じということで

【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)

  を参照、とさせて頂いて、
  今回はこのへんで締めるとしますか。」

渡辺
 「そうですね。それでいいと思います。」

納豆屋
 「じゃあWRX S4のインテリア、
  点数は何点つけましょうか?」

俺様
 「俺様は65点。
  レヴォーグの時も言ったけど、
  インテリアのレイアウトが古臭い。
  あと、今回は『WRX』というよりは、
  どちらかと言うと『レヴォーグ セダン』で、
  そのへんが少し物足りない。
  部分的に変えてあるとはいえ、
  もうちょっと『WRX』オリジナルな部分を
  明確に表現してほしかったな。」

渡辺
 「僕は80点ですね。
  俺様もおっしゃるように、
  もうちょっと『WRX』ならではの部分が
  あってしかるべきかな、と思います。
  内容自体が悪いわけじゃないんですけどね。」

納豆屋
 「僕は70点です。
  エアコンの操作部分がインプレッサに逆戻り
  してしまったところが安易だなぁと思いました。
  あとは皆さんと同様、『WRX』らしさの演出が
  一押し足りないなぁ、と。」

俺様
 「WRX専用オプションで、何かイケてる
  インテリアパーツがいろいろと出てくれたら
  面白いんやけど、STIならともかく、
  S4ではそれも期待薄かもな。」

納豆屋
 「せっかく『WRX』という名が付いてるんですから、
  『WRXらしさ』をプラスできるオプションが
  社外品でもいいから出てきてほしいですね。」


関連記事

全記事タイトル一覧
  → 全記事のタイトルを一覧表示する





2014.09.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | スバル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

管理人プロフィール

辛口系男子(=俺様)

Author:辛口系男子(=俺様)
●現在の愛車
【2015.9~】
 BMW 420i グランクーペ M Sport (2015年式)

最近のコメント



登場人物紹介


俺様
このブログの管理人。
情け容赦ない辛口批評が持ち味。
自分のことを俺様と呼ぶ。



納豆屋 氏
対談の進行役。
物腰は柔らかいが、時々俺様も引くぐらい辛口な事を平然と言い放つ。



渡辺 氏
昔は超辛口だったという噂があるが、今ではすっかり丸くなった甘口評論家。


【注意!】
当ブログに登場する人物は全く架空の人物であり、実在する人物とは一切関係ありません。