【最新記事】
(2017/06/28) デザイン評価点数 一覧
(2015/07/27) 【デザイン総括】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/07/27) 【インテリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/06/16) 【エクステリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/04/24) 【デザイン総括】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/04/24) 【インテリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/03/22) 【エクステリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【デザイン総括】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【インテリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/13) 【エクステリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/10) 【デザイン総括】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/11/10) 【インテリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/10/13) 【エクステリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/09/15) 【デザイン総括】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/15) 【インテリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/13) 【エクステリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/08/04) 【デザイン総括】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/04) 【インテリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/03) 【エクステリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/07/23) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/23) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/21) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/23) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/14) 【デザイン総括】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/14) 【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/08) 【エクステリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/04/02) 【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)
(2014/04/02) 【インテリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)



【インテリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)

DEMIO_int1.jpg


納豆屋
 「お次はインテリアです。
  エクステリアはコンパクトカーとしては
  非常に躍動感があって立派でしたが、
  インテリアも先代と比べると
  かなり質感が上がりましたね。」

渡辺
 「ですね。
  言いすぎかもしれないけど、
  ちょっとした『高級感』すら
  漂ってるように見えません?」

納豆屋
 「確かに。
  特にこのオフホワイトのシートなんて
  ホントにオシャレだし、インパネの
  合成皮革が張られたパネルと相まって、
  高級感が引き立ってますよね。
  正直、100万円台のコンパクトカーで
  ここまでやるか、って思いましたよ。(^^;」


DEMIO_int2.jpg


渡辺
 「そのへんもまさに、マツダの言う、
  『クラス概念を打ち破る』
  の1つ、ということでしょうね。」

納豆屋
 「まさにそうですね。
  実際、日本の同価格帯の
  コンパクトカーと比べると、
  新型デミオのインテリアは
  間違いなく質感が高いと感じます。」

渡辺
 「うん、ただそれ以前にね、
  全体的に日本のコンパクトカーって、
  外観も内装もそうなんだけど、
  『かわいらしさ』みたいなのを
  狙ってる感じがあるじゃないですか。
  でも新型デミオは全然違う。
  そもそも方向性が違う気がするんですよね。」

納豆屋
 「確かにそれはありますね。
  これまでの日本のコンパクトカーって、
  内装に関しては特に、
  僕らオジサンにとっては
  魅力に欠けるものばかりでしたけど、
  新型デミオはそんなオジサンの感性にも
  響くインテリアになっていて、
  そういう意味でもこのクラスとしては
  斬新なインテリアだと思います。」

渡辺
 「いやいや、
  若い人にも響くと思いますよ、
  このインテリアは。(^o^)」

納豆屋
 「それもそうですね。(^o^)
  だからむしろ『世代』は関係なくて、
  男性にウケそうなインテリアですね。
  だからといって、他の日本の
  コンパクトカーが女性向けってわけじゃ
  ないんでしょうけど。」

渡辺
 「じゃあ今回、納豆屋さんとしては、
  このインテリアはけっこういい点数が
  つきそうな感じと考えていいですか。(^_^)」

納豆屋
 「それはまぁ、そうですね。
  でも、欲を言えば惜しい部分も・・・、
  あっ!俺様!」

俺様
 「おい、これ、
  このクラスやと普通なんかもしれんけど、
  やっぱちょっと後席のヒザ周りが狭いな。」


DEMIO_int3.jpg


渡辺
 「えっ、いきなりそこですか。(^o^;
  そりゃまぁ、コンパクトカーですし、
  俺様ぐらいの身長(180cm)の方が
  前と後ろに同時に乗られた場合は
  余裕はないのが普通ですよ。(^_^;」

納豆屋
 「でも『余裕』が無いだけで、
  窮屈な姿勢を強いられるほどの
  狭さじゃないですよね?」

俺様
 「まぁな。
  コンパクトカーやし、値段も値段やし、
  そこはまぁなんとか許容範囲内、
  っちゅうところかな。」

渡辺
 「ところで納豆屋さん、
  さっき何か言いかけてましたよね?
  『惜しい部分』が何とか、って。」

納豆屋
 「そうそう。
  インテリアの質感なんですけど、
  Lパッケージ系のグレードが良すぎるだけに、
  それ以外のグレードがかなり見劣りする気が
  するんですよねぇ。(^_^;」


 「13S」のインテリア
DEMIO_int4.jpg


俺様
 「確かに、Lパケじゃない『13S』は
  大した質感じゃあなかったけど、
  Lパケ以外でも『XD Touring』は
  ええ感じやったぞ。」

渡辺
 「『XD Touring』はインパネがブラックの
  合成皮革張りになりますからね。
  僕もこれ、かなりいい雰囲気を
  出してると思います。」


 「XD Touring」のインテリア
DEMIO_int5a.jpg

DEMIO_int5b.jpg


納豆屋
 「あっ、ホントですね!
  これはちょっと見落としてました。(^_^;
  ドアの内張りやシートの材質は
  Lパケ以外だとクロスになるけど、
  『XD Touring』だと色がブラックで、
  インテリア全体の雰囲気にマッチしてるし、
  質感もいい感じに見えますね!」

俺様
 「そやろ。
  俺様は自分が買うとしたら
  『XD Touring』やな。
  こいつのインテリアが一番好みに合ってる。」

渡辺
 「Lパケは確かに質感は高いですが、
  色がホワイトだけ、ってのが
  悩ましいところですよね。
  ホワイトはオシャレだと思うんですが、
  汚れが目立ちやすいのを気にして
  ブラックがいいって言う人も
  多いと思いますね。」

納豆屋
 「でもね、このLパケのシート、
  実はそのへんもよく考えられていて、
  一番「圧」のかかる擦れやすい部分は
  ブラックになってるんです。(^_^)」


DEMIO_int6.jpg


渡辺
 「あぁ、なるほど!
  そうか!そういう意味でしたか!
  単なるデザインかと思ってましたけど、
  そういう実用上の配慮も兼ねた
  デザインだったんですね!」

納豆屋
 「新型デミオからの、新しい工夫です。(^_^)」

俺様
 「しかしこれだけ質感の感じられる
  内装になってるにもかかわらず、
  ダッシュボードとかドアの内張り上部は
  カチコチのプラスチックだったりする。」

納豆屋
 「そうなんですよねぇ。(^o^;
  でも逆に不思議ですよね、
  それでもこれだけ質感が出せるってのが。」

渡辺
 「そう。
  これ、ホントに上手いと思いますよ。
  日本の他社のコンパクトカーの内装って、
  見た瞬間にプラスチック感まる出しの
  光沢を放ってるじゃないですか。(^o^)
  でも新型デミオはそうじゃない。
  表面の処理にも一手間かけられてる。」


DEMIO_int7.jpg


納豆屋
 「まったくそうですね。
  同じコンパクトクラスの、
  例えばアクアと並べて評価すれば、
  不満など出るはずのないレベルの
  インテリアの質感ですね。」

俺様
 「アクアと並べて評価!?
  そんな公開処刑みたいなことしたらあかん。
  いじめ、ダメ、ぜったい!(^o^)」

渡辺
 「ところで、
  他に俺様が感じたことはないですか?」

俺様
 「ある。
  けっこう地味な話なんやけど、
  ハンドルのテレスコ調整。
  これの可動範囲が広いのが素晴らしい。」

納豆屋
 「あっ、それ僕も薄っすら感じてました!
  日本車のテレスコ調整って、
  クラスによらず、あんまり手前まで
  伸びないクルマが多いんですけど、
  新型デミオのテレスコ調整は
  しっかり手前まで伸びてくれます。」

渡辺
 「うん。
  ってゆーかね、マツダのクルマって、
  新型デミオに限らず、全体的に
  テレスコ調整の可動範囲が広いですよ。」

俺様
 「誰かわからん外人を使った、
  『ドライバーになろう』
  とかいう、カネのかかってないCMを
  チョイチョイ見かけるけど、
  言うだけあって、このテレスコ調整は
  ドライビングポジションへのこだわりを
  感じるところやな。」

納豆屋
 「でもあのCMに出てくる外人のドラポジは、
  腕が伸びすぎで良くないですけどね。(^o^)」

渡辺
 「じゃあ他に、何かマイナスな部分で
  俺様が気になったことはないですか?」

俺様
 「アームレストが無いことかな。
  腕が固定されへんから、
  コマンダーコントロールを操作するとき、
  操作しにくかった。」

納豆屋
 「ディーラーオプションに一応は
  アームレストがありますけど、
  これを付けたらコマンダーコントロールの
  操作性が良くなるかどうかは
  ビミョーな感じもしますね。(^_^;」


 ディーラーオプションのアームレスト
DEMIO_int8.jpg


俺様
 「コンパクトクラスだけにスペース的に
  厳しいのかもしれんけど、
  コマンダーコントロールをこの位置に
  配置するのであれば、アームレストは
  何とかしてねじ込んでもらいたかったな。」


納豆屋
 「じゃあそろそろこのへんで。
  新型デミオのインテリアは何点でしょうか。」

渡辺
 「僕は100点です。
  このクラスでこのインテリアで、
  どこにケチをつけろと言うのか、
  って感じです。
  今のマツダ車は、新型が出るたびに
  どんどん良くなってると思います。」

俺様
 「俺様は85点。
  価格帯を考えたら、ライバル不在の
  インテリアやと思う。
  ただ、XD系になると200万近くに
  なるわけやから、XD系はせめて
  ダッシュボードぐらいはソフトパッドを
  使ってもらいたかったな。
  あとはアームレスト、これは必須で
  装備してもらいたかった。」

渡辺
 「確かにXD系グレードの価格となると、
  もしガソリン車であればソフトパッド使用も
  無理な価格帯ではなくなってきますからね。」

納豆屋
 「なるほど。
  でもまぁさすがに、グレード間で
  ダッシュボードの材質を変えるなんてことは
  コスト的に無理なんですけどね。(^^;」

俺様
 「で、納豆屋は何点なんや?」

納豆屋
 「あっ、僕は90点です。
  Lパケの内装が気に入ったので、
  基本的に文句はないんです。
  ただ唯一、俺様がおっしゃったアームレスト。
  確かにこれは無いと、コマンダーコントロールの
  操作がやりにくいし、疲れますね。」

渡辺
 「まぁ完璧なんてのはあり得ないですけど、
  このインテリアは日本のコンパクトクラスに
  確かな衝撃を与えるレベルだと思いますよ。」

俺様
 「これに刺激を受けて、日本の他社の
  コンパクトカーも、もっと上質感のある
  インテリアになっていくといいな。」

納豆屋
 「それはやっぱり、この新型デミオが
  どれだけ売れるかにかかってると思います。」

渡辺
 「それはそうですね。
  売れないクルマを真似する企業なんか
  あるわけないですからね。(^o^)」

俺様
 「俺様も、購入者の立場としてであれば
  『売れてる』、『売れてない』は
  まったく気にせぇへんのやけど、
  今後の日本のコンパクトクラスへの
  良い影響を考えた場合は、
  この新型デミオは売れてもらわんと困るな。」

納豆屋
 「今後の販売台数ランキングの動きに
  注目したいですね。」


関連記事

全記事タイトル一覧
  → 全記事のタイトルを一覧表示する





2014.11.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | マツダ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

管理人プロフィール

辛口系男子(=俺様)

Author:辛口系男子(=俺様)
●現在の愛車
【2015.9~】
 BMW 420i グランクーペ M Sport (2015年式)

最近のコメント



登場人物紹介


俺様
このブログの管理人。
情け容赦ない辛口批評が持ち味。
自分のことを俺様と呼ぶ。



納豆屋 氏
対談の進行役。
物腰は柔らかいが、時々俺様も引くぐらい辛口な事を平然と言い放つ。



渡辺 氏
昔は超辛口だったという噂があるが、今ではすっかり丸くなった甘口評論家。


【注意!】
当ブログに登場する人物は全く架空の人物であり、実在する人物とは一切関係ありません。