【最新記事】
(2017/04/30) デザイン評価点数 一覧
(2015/07/27) 【デザイン総括】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/07/27) 【インテリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/06/16) 【エクステリア編】 マツダ CX-3 (2015年モデル)
(2015/04/24) 【デザイン総括】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/04/24) 【インテリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2015/03/22) 【エクステリア編】 プジョー 308 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【デザイン総括】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/12/07) 【インテリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/13) 【エクステリア編】 スバル レガシィ B4 (2014年モデル)
(2014/11/10) 【デザイン総括】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/11/10) 【インテリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/10/13) 【エクステリア編】 マツダ デミオ (2014年モデル)
(2014/09/15) 【デザイン総括】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/15) 【インテリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/09/13) 【エクステリア編】 スバル WRX S4 (2014年モデル)
(2014/08/04) 【デザイン総括】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/04) 【インテリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/08/03) 【エクステリア編】 レクサス NX (2014年モデル)
(2014/07/23) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/23) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/07/21) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ Cクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【デザイン総括】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/27) 【インテリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/23) 【エクステリア編】 メルセデス・ベンツ GLAクラス (2014年モデル)
(2014/06/14) 【デザイン総括】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/14) 【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/06/08) 【エクステリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
(2014/04/02) 【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)
(2014/04/02) 【インテリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)



【エクステリア編】 マツダ アテンザ セダン (2012年モデル)

ATENZA_convert_20121124012313.jpg

納豆屋
 「さて、新型アテンザ。
  今回はセダンのほうを取り上げますが、
  先代より随分と大きくなりましたよね。」

渡辺
 「特に全幅なんて1840mmですからね。
  でも、その大きさが無駄になってないと思いません?
  デザインに相当効いてますよ。」

納豆屋
 「いい意味でFF車らしくないというか、
  FR的なプロポーションに見えますよね。」

渡辺
 「確かに。
  スペース効率だけを考えると、
  フロントノーズが無駄に長いと
  思われるかもしれないけど、
  カッコよくするために寸法を使ってますよ。
  決して豪華とか高級ってクルマじゃないけど、
  これはこれで1つの贅沢ですよね。」

納豆屋
 「でもどうでしょう、狭い日本の駐車場事情では、
  1800mmというのが全幅の大きな上限基準に
  なってますから、その点では購入の対象から
  外さざるを得ないという人も出てくるでしょうね。」

渡辺
 「そうねぇ。
  でもこの流麗さとエッジの効いたガッチリした感じは、
  このサイズがあってこそ成し得た、そう思いません?」

納豆屋
 「うーん、、、でもやっぱりデカいですよ。
  確かにカッコいいですけど、
  先代までのアテンザの購入層に
  このサイズが受け入れられるかどうかは
  ちょっと疑問だなぁ。」

渡辺
 「でもね、最近のクルマはアテンザに限らず
  どんどん大型化してきていて、そこらじゅう
  3ナンバーだらけの世の中でしょ。
  このクルマが特に大きいってわけじゃあないですよ。」

納豆屋
 「まぁ細かいことは気にせず思い切って買っちゃえば、
  意外と何とかなったりもしますしね。
  あっ、俺様!」

俺様
 「よぅ。新型アテンザの話か?」

納豆屋
 「えぇ、デザインはいいんだけど、
  日本で乗るにはちょっとデカいなぁ、と。」

俺様
 「そんなん気にしたら負けやぞ。
  同じくらいの大きさのクルマなんか、
  そのへんナンボでも走っとるがな。」

渡辺
 「そうですよね!
  レクサスGSとか、BMW5シリーズとか、Eクラスとか。」

納豆屋
 「でもそれって、アテンザとは購入層の異なる
  クラスというか、いわゆる高級車と呼ばれるクルマ
  ばっかりですよね。」

俺様
 「クラスとかどうでもええやろ。
  俺、新型車が出たらいろいろ見たり試乗したりしてるけど、
  ここ最近でここまで攻めたデザインのセダンは
  ちょっと記憶に無いで。」

渡辺
 「ホイールもデカいですよ。
  ベースグレードのホイールは17インチだけど、
  上位グレードのLパッケージは19インチで、
  しかもLパケ専用の高輝度塗装ホイールですよ。」

納豆屋
 「しかし、なんで18インチをすっ飛ばして
  19インチなんですかね?」

俺様
 「デザインとしてはまず19インチありきなんやろ。
  でも、維持費とか、乗用車としての経済性を考えたら
  19インチだけっちゅうワケにもいかん、と。」

渡辺
 「19インチはタイヤ交換が高くつきますからね。」

俺様
 「そう。それに、
  『それでも19インチが欲しい!』と思わせるには、
  比較対象となる17インチが必要なんやろ。
  2インチぐらい差がないと見た目わかりにくいしな。
  18インチがあったらそればっかり売れそうやし。(^o^)」

納豆屋
 「コンセプトカーの雄(TAKERI)がデカいホイールを
  履いてたわけですから、あの強烈なカッコ良さに
  少しでも近づけるには、19インチホイールは
  今回のアテンザには必須だった、ワケですね。」

俺様
 「そやけど、せっかく19インチにしても
  ブレーキローターの大きさは変わらんからな。
  あんまりそこばっかりじっくりと見んほうがええで。
  だいぶ隙間あるし。(^o^)」

渡辺
 「そこまでそれぞれ専用に作っちゃうと、
  300万前後の価格じゃ売れないですからね。(^_^;」

俺様
 「俺的には間をとって、18インチ一択でも
  よかったんじゃないかと思うけどな。
  その方がブレーキローターの大きさも
  最適な大きさで一本化できるわけだし。」

納豆屋
 「じゃあ次に、リヤのデザインはどうですか?」

ATENZA_rear.jpg

俺様
 「フロントの攻めた感じからすると、
  リヤはちょっとありきたりな気もするな。」

渡辺
 「でも悪くはないですよ。」

納豆屋
 「正直、テールランプの形状とか、
  なんか似たクルマが多い気がします。」

俺様
 「デザインなんて、遠目に全体として見た時に
  どう感じるかじゃね?
  そんな、部分部分を凝視してもしゃーねーだろ。」

渡辺
 「そうなんですよね、
  『どこが』ってんじゃなくて、
  『なんかいい!』んですよ。」

俺様
 「でもマフラーカッターの口径は
  もうチョイ大きくすべきやと思う。
  それだけでもリヤが醸し出すボリューム感が
  ぜんぜん変わってくると思うしな。」

納豆屋
 「あと、色なんですが、
  今回のアテンザでは
  『ソウルレッドプレミアムメタリック』
  というボディカラーをメーカーが推してますね。」

俺様
 「俺は黒がいい。」

渡辺
 「でもソウルレッドはプラス5万円の
  特別色だけあって、実際に見ると
  すごく鮮やかな赤ですよ。
  あれは見ると欲しくなりますね。」

俺様
 「いや、黒がええんや。
  あんな派手な赤で葬式とか行かれへんやろ。
  黒やったらどこでも行ける。」

納豆屋
 「そういう観点ですか。(^_^;」

俺様
 「まぁそれは冗談やけどな。
  単純に黒が好きなだけや。」

渡辺
 「そうですよね、どの色がいいなんてのは、
  正解は無いと思いますよ。
  ただ、下取りでいい値段がつく色ってのは
  だいたい決まってはいますがね。
  高級車だったら黒か白が鉄板ですよね。」

俺様
 「アテンザは高級車とちゃうで。
  それに、下取りなんかいちいち気にすんなよ。
  そんなセコい発想でクルマ選ぶくらいやったら、
  もっと安いの買っとけや。あー貧乏クサ!」

納豆屋&渡辺
 「ま、まったく同感です。(^_^;」

納豆屋
 「あと、地味なところでは、
  グレードを示すエンブレムが無いのが残念です。」

渡辺
 「それ、どうでもよくないですか? (^_^;」

俺様
 「俺もどうでもいいと思うけど、
  でも、今のマツダ車って言ったら
  『クリーンディーゼル』、やろ?」

納豆屋
 「実際、新型アテンザの注文も
  ディーゼル車に集中してると聞いてます。」

俺様
 「クリーンディーゼルというキーワードが
  現時点では『一歩先を行く』イメージを持ってるだけに、
  特にディーゼルのグレードを購入する人からは、
  それとわかるエンブレムを求める声もあるやろな。」

渡辺
 「そういうモンですかね?」

納豆屋
 「あと、またまた地味なところで、
  ダークティンテッドガラスなんですが、
  リヤガラスだけ、だいぶ色が薄くないですか?」

俺様
 「。。。(-_-;
  お前、、それコントのネタかよ。
  んなモン、追加でフィルムでも貼っとけや。(^^;」

渡辺
 「まぁそれだけよく出来たデザインってことでしょう?
  大きなケチのつけどころがないんですよ。」

納豆屋
 「じゃあ最後に、皆さんから見て今回のアテンザ、
  エクステリアデザインに点数をつけるとしたら
  何点ですか?」

渡辺
 「95点。
  相当いいですよ、これは。
  とにかくカッコいい!
  そういう納豆屋さんは?」

納豆屋
 「70点、かなぁ。
  もう少し小さいサイズでも、寸法の比率を工夫すれば
  同じくらいの迫力を出せたんじゃないかなぁ、
  という気がしないでもないので。
  あとは、リヤがちょっと個性不足かな。」

俺様
 「85点。
  ここ数年では最高の点数やで。
  完璧とまでは言えんけど、カッチョええよこれは。」

渡辺
 「ちなみに俺様が100点をつけるには、
  あとこのクルマに何が足りないですか?」

俺様
 「リヤにもう少し斬新さがほしい。
  マフラーカッターは口径をデカくしろ。
  19インチを履くならブレーキロータも
  それに見合うサイズにしてほしい。
  それと、これは無くせって言っても
  無理なのはわかってるけど、
  フロントグリルのマツダマーク、
  これがなければ最高や。(^o^)」

納豆屋
 「100点への道は険しいですね。(^_^;」


関連記事

全記事タイトル一覧
  → 全記事のタイトルを一覧表示する





2012.12.07 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ

コメント

何これ?読んでて全然おもしろくない。

一体誰に発信してるのか不明なんだけど

2015-01-28 水 12:50:40 | URL | #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

管理人プロフィール

辛口系男子(=俺様)

Author:辛口系男子(=俺様)
●現在の愛車
【2015.9~】
 BMW 420i グランクーペ M Sport (2015年式)

最近のコメント



登場人物紹介


俺様
このブログの管理人。
情け容赦ない辛口批評が持ち味。
自分のことを俺様と呼ぶ。



納豆屋 氏
対談の進行役。
物腰は柔らかいが、時々俺様も引くぐらい辛口な事を平然と言い放つ。



渡辺 氏
昔は超辛口だったという噂があるが、今ではすっかり丸くなった甘口評論家。


【注意!】
当ブログに登場する人物は全く架空の人物であり、実在する人物とは一切関係ありません。